中空知広域圏について >> 事業の紹介

中空知広域市町村圏組合で取り組んでいる共同処理事務

◆ふるさと市町村圏計画に関すること
◆ふるさと市町村圏の振興整備に伴う連絡調整に関すること
◆ふるさと市町村圏基金に係る事業の実施に関すること
◆交通災害共済事業の実施に関すること
◆交通遺児に対する奨学事業の実施に関すること

ふるさと市町村圏基金事業

中空知は、国がふるさと創生・多極分散型国土形成を促進するため、自立的発展が見込まれる地方都市及びその周辺地域を一体とした圏域をモデルとする「ふるさと市町村圏」に平成元年8月、選定されました。 このふるさと市町村圏の選定に伴い、平成元年度及び同2年度で北海道からの1億円の補助と構成市町の9億円の出資、あわせて10億円のふるさと市町村圏基金を造成し、 現在は4億円の基金を運用し産業観光振興事業、教育文化振興事業、コミュニティー推進事業などのソフト事業を展開しています。

平成29年度の主な事業

平成29年度 主な事業 (PDF:約367KB)

交通災害共済事業

(1)交通災害共済
交通事故にあわれた方に対する互助組織としての見舞金の支給を行っています。
◆加入できる人
中空知圏域内に住民登録している方。
中空知圏域内に住民登録している方に扶養されている方で、就学のために中空知圏域外に居住している方。
◆掛金(年額)
1人につき 400円
◆見舞金が支給される事故
自動車・バイク・自転車による道路上での事故で、事故証明が発行される事故(私有地及び海外の事故は対象外)
◆見舞金の支給額
死亡の場合 120万円
傷害の場合(治療実日数3日以上~)
(1~10等級) 2万円~72万円
(2)交通安全啓発事業
交通事故防止及び交通安全用ビデオ・DVDの購入をし、構成市町の学校・企業・老人クラブ・町内会等各団体の交通安全指導に活用している。
(職場・学校等で使用希望される場合は各市町の交通担当係へお問い合せ下さい)
〈平成29年度貸出状況〉
(ビデオテープ 62種類・DVD12種類)
滝川市(延37本)
赤平市(延 7本)
砂川市(延 5本)
新十津川町(延 5本)
雨竜町(延 4本)
奈井江町(延 2本)
芦別市(延 1本)
合 計延61本

交通遺児奨学事業

交通事故により生計の中心者を失った遺児に対して奨学金を支給し、就学援助を行っています。
(小学1年生~高校3年まで)
(※申請に関するお問い合わせは各市町 中空知交通遺児奨学事業担当窓口まで)
  奨学金額(年間) 入学の準備費用として
奨学一時金
小 学 生 30,000円 30,000円
中 学 生 45,000円 36,000円
高 校 生 84,000円