>> 滝川市からのお知らせ

生誕110年『岩橋英遠展』を開催いたします

岩橋家(相模原市)のご協力により大正時代の自画像や「道産子追憶之巻」の基になる「絵巻発想」(昭和39年)など 生涯にわたる貴重なスケッチの数々を特別初公開いたします。
開催期間 平成25年9月7日(土)〜10月20日(日)
開催場所 滝川市美術自然史館
(滝川市新町2丁目5−30)
TEL 0125−23−0502
開館時間 10時〜17時(入場は16時30分まで)
休 館 日 月曜日(9/16,9/23,10/14は開館)
9/17(火),9/24(火),10/15(火)
観 覧 料 一般 前売 500円(当日700円)/高校生以下 無料
岩橋 英遠 (日本画家)
明治36年(1903年)北海道滝川村に江部乙屯田兵の長男として生まれる。
北辰尋常高等小学校を卒業後、母を助けて家業の農作業に携わる。
21歳のとき画家を志して上京、山内多門の塾に入る。昭和9年院展に初入選。
戦前は歴程美術協会を結成して活動するなど日本画の前衛的な動きに積極的に参加した。
戦後は安田靫彦に師事。院展を中心に斬新な感覚にあふれる作品を次々と発表する。 昭和25年日本美術院・大観賞。昭和28年日本美術院同人になる。 昭和43年東京芸術大学教授、昭和47年に日本芸術院賞。昭和56年芸術院会員。平成6年文化勲章を受章した。
自然を壮大なスケールで表現し深い精神性と優れた造形で独自の画境を築き上げている。
平成11年相模原市にて逝去。
前売券販売所 TSUTAYA滝川店、たきかわ文化センター、たきかわホール、
駅前ひろば く・る・る、滝川市役所売店、滝川市美術自然史館、
市内道新販売所、ローソンチケット(Lコード:14708)